葉酸についての基礎知識

葉酸とは?葉酸を積極的に摂取すると死産や流産の危険性を軽減できる

2016/11/28

葉酸とは?葉酸を積極的に摂取すると死産や流産の危険性を軽減できる

「妊婦さんはきちんと葉酸とりなさい!」と厚生労働省が摂取を推奨している栄養素「葉酸」。
もともとはほうれん草からみつかった物質で、水溶性ビタミンの一つです。

葉酸は新しい細胞が作られ分裂する際に使われる物質で、細胞の再生や生産に役立ち身体の発育を助けてくれる必要不可欠な栄養素です。
おなかの中で赤ちゃんを育てている妊婦さんにとっては欠乏しやすい葉酸ですが、葉酸が不足すると悪性の貧血を起こしたり、赤ちゃんに神経管閉鎖障害(二分脊椎症など)の発症の危険性があると言われています。

ちなみに神経管閉鎖障害が発症した場合は、無脳症になり死産・流産の危険性が高くなると言われています。
葉酸を十分に摂取することで、神経管閉鎖障害の発症の危険性を低くすることができるといわれており、厚生労働省が摂取を推奨しているというわけです。

 

葉酸は1日に必要な摂取量は?

葉酸の1日の摂取量については、

一般成人の場合:1日200μgの摂取

妊婦さん&妊娠の可能性のある女性の場合:1日400μgの摂取

といわれており、妊婦さんの場合は、なんと2倍の400μgの摂取が必要とされています。

 

葉酸が豊富に含まれる食べ物は?

葉酸は日常普通に食べるものに豊富に含まれていますが、たくさん食べたとしても摂取しにくい栄養素といわれています。
葉酸は貧血に効果があるだけあって、

  • レバー
  • 緑黄色野菜(ほうれんそう、ブロッコリーなど)
  • 豆類
  • のり

などにたっぷり含まれています。

日常の食事から摂取できる葉酸ですが熱や水分に弱いのが難点。
調理をすると栄養素を十分に摂取することができないので、たとえ毎日葉酸が豊富に入っている食べ物をたくさん食べていても葉酸は不足している場合が多いと言われています。

よって、これから子供がほしいと思っている人や、妊娠中&授乳中の人たちには、不足する葉酸を補う必要があります。

 

葉酸を十分に摂取できる最も簡単な方法とは

葉酸サプリメント

葉酸を簡単に摂取できる方法として簡単なのが「葉酸サプリメント」を飲むことです。

葉酸は水溶性のビタミンなので、多少飲みすぎたとしても体外に排出されやすい栄養素で、葉酸を過剰に摂取したとしても尿により排出されます。
よって、元気な赤ちゃんを産むために積極的に葉酸を摂取する事が重要だといえます。

体調によっては、つわりできちんと食事がとれなかったり、授乳中で栄養が足りないと感じている時があると思います。
そんな時に葉酸サプリメントを使用すれば簡単に摂取できるのでおすすめです。

葉酸は、妊娠を考える1ヶ月くらい前から摂取することが理想とされています。

どちらにせよ、自分の体調と相談しながら、食事とサプリメントのバランスをとり自分らしい栄養の摂り方を見つけるのが一番。
ストレスフリーで妊婦&ママライフを過ごす事が大切です。

葉酸サプリの効果・安全性の高い商品選びのコツとは>>

-葉酸についての基礎知識
-