葉酸についての基礎知識

葉酸が不足すると体にはどんな影響が出るの?疑問解決!

葉酸が不足すると体にはどんな影響が出るの?疑問解決!
葉酸は妊活にとって不足してはならない栄養素なんです!
女性の体にとっても、お腹にいる赤ちゃんにとっても大事な栄養素なのです。

不足してしまうと、女性にも赤ちゃんにも悪影響が出てきてしまうんですね。
厚生労働省でも推奨している葉酸は積極的に取っていきたいですね!

 

葉酸が不足しているか簡単なチェック!

チェックに当てはまる項目が多いほど葉酸が不足している可能性が高いです。
偏った食生活は葉酸の摂取が乏しくなり、タバコやお酒などは葉酸を排出してしまう働きがあります。
チェック項目が多い方は、健康な赤ちゃんを産むためにもバランスのよい生活習慣を心がけるようにして下さい。

インストンと食品、コンビニ、外食を食べる事が多い

柑橘類の果物や一護などの果物を食べる事が少ない

緑黄野菜を食べる事が少ない

タバコを吸っている

お酒を飲む機会が多い

 

葉酸は不足させてはいけない栄養素です!

マタニティショップや赤ちゃん用品のお店に行くと必ずおいてありますよね「サプリメント」。
そのサプリの主要成分は、大体が葉酸・鉄分・カルシウムではないでしょうか。
どれも貧血を防ぐことで知られている要素ですが、鉄分やカルシウムほどには葉酸の機能は知られていないのではないでしょうか。

葉酸はビタミンBの仲間で、体内では細胞分裂の際に不可欠な物質としてはたらいてくれます。
ですから、葉酸が不足すると成長や体調を整えるために必要な体の組織が合成されず、貧血などの症状を引き起こすのです。

一般成人でも葉酸の不足により悪性貧血などがおきることがわかっていますが、これが胎児であるともっと深刻です。
体の成長が妨げらるため、最悪の場合には胎児が死ぬといった事例があるそうです。

ただありがたいことに、葉酸はかなり多くの食品の中に存在しています。
レバーやほうれん草だけでなく、海苔にも多く含まれています。

普段きちんとした食生活を送っていれば、基本的には葉酸のひどい欠乏症には襲われないと思われます。
ただ、妊婦さんの場合は注意が必要。

つわりなどの理由でご飯がのどを通らないなんて時には、欠乏しないようにサプリなどを上手に利用してください。
厚生労働省の推奨する一日の摂取量は400μg。
これは一般的な大人の摂取推奨量の2倍に当たります。

体内に取り込まれやすい、天然由来のサプリメントを見つけて体に無理ない形で続けていってくださいね。

葉酸サプリの効果・安全性の高い商品選びのコツとは>>

 

-葉酸についての基礎知識