葉酸についての基礎知識

神経管閉鎖障害は葉酸で予防!?胎児の先天異常を低減する方法とは

2016/11/28

神経管閉鎖障害は葉酸で予防!?胎児の先天異常を低減する方法とは

神経管閉鎖障害と葉酸の関係とは

日本では増え続けている先天異常。
神経管閉鎖障害は聞きなれない言葉だと思いますが、胎児の脳や脊髄に様々な形の欠損があらわれる症状をいいます。
妊娠初期にみられる胎児の先天性の異常で、日本では、出生した子供のうち、1万人(死産含む)に対して約6人の割合で見られる症状です。

最悪の場合は胎児は脳が全くないまま大きくなっていき、通常出産後数時間しか生きられないそうです。
また、下半身の運動障害がでることもあるとか。この先天異常の原因は、葉酸の欠乏がかかわっていることが解明されており、リスクを減らすためには葉酸をきちんと摂取することが重要です。

 

神経管閉鎖障害を低減するために葉酸の摂取が重要!

厚生労働省は、神経管閉鎖障害の発症リスク低減のため、葉酸の摂取を推奨しています。
さらに、「二分脊椎発生の原因が葉酸摂取不良によるものだけではないが、発生率の低減が期待できる」と説明。

「1日あたりの葉酸摂取量が、360μg~5000μgで二分脊椎の予防効果があるとされているので、食事からの摂取量を考慮し、サプリメントでは1日400μgとし、1000μg未満が望ましい。」と定義しています。

また、摂取する期間は「脊椎管発生時期が妊娠7週であるから少なくとも妊娠の1ヶ月以上前から妊娠3ヶ月まで」と定めています。
葉酸は普段の食生活でも十分摂取できる栄養素ですが、赤ちゃんを望んでいるご夫婦にはぜひ妊娠前からきちんと摂っておきたい栄養素だと思います。

 

葉酸サプリの効果・安全性の高い商品選びのコツとは>>

-葉酸についての基礎知識